スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.21 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    リベンジ。 大天井岳編

    0
      ※7月1日〜2日 大天井岳に行ってきました〜




      昨年の同じ頃、憧れだった大天井へ向かうも

      燕岳で心が折れ

      燕山荘でテン泊(汗)



      今年こそは!と意気込みましたが

      行けるのかな〜?






      第一ベンチでは人も少なく

      もちろん疲れもありません。




      第二ベンチも楽々クリア〜






      第三ベンチ

      5月に来た時は、この先雪だったのに、、、








      合戦小屋〜

      疲れもありません。



      少しは成長したのかな???





      季節ですね〜




      そういえば、5月のときは




      う〜ん、、、信じられません。

      どこを歩いたんだろう???







      合戦尾根に出たらガス。。。

      な、、、何も見えないんですけど。。。




      その先は、、、




      まぁ、アイゼンも要らない状態でしたが

      それでも雪道は緊張します。







      さぁ、あと少しで燕山荘



      疲れは思っていたほどではありませんでした〜。



      燕山荘で休憩していると

      同じようなペースで登っていた女性から

      「大天井行きましょう!」

      「若いから行けるよ」

      と、言われ




      う〜〜〜〜ん、、、どうよ!?




      こんなにもガスガスなら

      いっそ、ここで終わっても良いかも。。。

      悪魔のささやきが聞こえてきましたが、、、




      自分の成長を信じて





      はい。気を付けて行ってきま〜す




      つづく



      ←今日クリックありがとうございま〜す   


      にほんブログ村 アウトドアブログへ
      にほんブログ村←こちらクリックお願いしま〜す


       

      憧れの表銀座。 大天井岳編

      0

        ※7月1日〜2日 大天井岳に行ってきました〜








        心の中は、こんなところを歩いていま〜す(笑)



        実際は、、、






        真っ白(爆)






        あ、、、憧れだったのに〜。。。







        この頃は、まだ良かったな〜・・・






        コマクサを見れて感動〜







        少し雪が残っているところも。。。







        大下りまでは、楽勝。



        ここまでのような道が大天井まで続くのかと思っていました〜(笑)




        大下り?

        帰りは、大上り?



        くだらない心配をしてしまいました



        看板をよ〜く見ると





        燕山荘まで3キロ

        大天井岳まで3.5キロ

        計・・・



        知っていたら来なかったかも・・・




        一気に下ります。

        ここからはガスが濃くて視界もほとんどありませんでした



        下っても、下ってもたどり着かない。。。

        そんな気持ちになりました





        こ、、、怖いんですけど。。。



          


        それでも、ガスが引いたときには写真。写真。



        正直、表銀座というイメージで平坦な道を考えていたのですが

        結構ハードなルートでした




        歩けど、歩けど大天井には辿り着かず

        しかもガスのため自分の位置が分かりません。

        ときには、数メートル先しか見えません。

        本当にこのルートで良いの???





        途中から雨がポツリ、ポツリと降ってきて

        不安に拍車をかけました

        こ、、、来なければ良かった・・・




        と思っても、引き返すには時間も体力もありません





        心配していたら、関西弁を話すカップル?と遭遇

        この先間違えそうなポイントを教えていただきました。





        ここですね。




        踏み跡が真っ直ぐのルートにあったのですが

        本当は右の雪の方が正解。



        ありがとうございました。

        おかげで無事進むことが出来ました。



        その方たちの話では

        どうやら夏道と冬道が混在しているようです。



        そ、、、そうなんだ〜。。。







        あ〜〜〜〜〜!この景色、ネットで見た〜〜〜〜〜!!!



        写真にしちゃうと迫力が無いのですが

        実際は、ドドーーーンって感じ。



        感動しました〜



        でも、あれ、登るんだよね。。。(大汗)






        ちょうど午前10時くらいに夏道が開いたそうなので

        直登は免れました







        もう体力ぎりぎり。。。



        奇跡的に前の方に追いつくことが出来

        話をしながら歩くので

        寂しさと疲れを紛らわすことが出来ました。




        あと少し、、、




        が、長い・・・






        つ、、、着いた〜。。。 




        つづく



        ←今日クリックありがとうございま〜す   


        にほんブログ村 アウトドアブログへ
        にほんブログ村←こちらクリックお願いしま〜す


         


        帰りの表銀座に期待。 大天井岳編

        0

          ※7月1日〜2日 大天井岳に行ってきました〜









          雨がポツリ、ポツリと来ていたので

          大天荘に到着後、直ぐに受付




          テントの設営は





          雨が降ることを予測して

          涸沢のような場所を選択〜




          設営後は、直ぐにビールの買い出し

          こういうときは疲れていても、なぜか走れます。笑






          もう、ガスガスです。。。




          ちなみに、テントはもう一張り。

          ガラガラのテン場でした〜





          眺望も無く、天気も悪いので

          時間的に早いのですが

          夕食の準備。





          ちょうど、出来上がった頃

          雨が激しくなってきました。

          ギリギリセーフ





          もう、こうなると他にすることは無く

          ただ、、、、




          寝るだけ。




          途中、雷の音で目が覚めるも

          どうして良いのか分からず

          聞こえないフリをして再び寝ることに(笑)




          ていうか、実際のところ、どうすれば良いの?

          小屋に避難した方が良いのかな???





          夜中に目を覚まし

          外に出てみると

          雨が上がり、ガスも無く

          辺りは月明かりに照らされ

          北岳で見たような星空が広がっていました





          さ、、、最高〜





          時間的にまだ早いので

          ご来光を期待して

          再び就寝












          明るくなってきた〜








          いよいよだ〜〜〜〜〜








          ガス〜〜〜〜。。。(爆)




          なんでこうなるの???






          槍も一瞬。(爆)





          大天井岳に登ろうと思ったのですが

          ガスが酷いので止めました。。。





          大天荘を出るときは

          気が付いたら一番最後でした。





          前日の燕山荘での天気予報では

          晴れの予報。

          素晴らしい景色の表銀座を期待してのスタートです





          歩き始めると、ちょうど前には

          大天井に何度も来たことがあると言っていた男性。

          ご一緒させていただくことにしました。






          表銀座コースを開拓された小林喜作さんのレリーフ

          昨日は写真を撮る気力が無かったので、、、









          唯一の鎖場

          なぜか、前日よりも帰りの方が怖く感じました





          昨日よりもガスはないものの眺望はありませんでした






          大下り〜

          帰りは大上り〜(笑)



          でも、大したほどでは無かったかな・・・






          登り切ったところで槍が出てきました




          あとは、ほぼ平坦なルート

          大したことがありません




          のはずでしたが、、、





          実は、燕山荘に近くなってきたころ

          前を歩く、常連という方が

          巻き道を歩き始めました。





          「ここ、表銀座はいくつも巻き道があるんだよ」

          「だから、わざわざ登らなくても大丈夫だよ」

          「楽な方が良いでしょ」






          確かに、最初の1回はその通りでした。

          が、2回目に事件?は起こりました。





          後ろを歩いて行くと

          「あれっ、道を間違えた」

          と言われ戻ってくるので話を聞くと

          もっと下だと説明され

          指を指したところはズ〜っと下。






          いっそ、それだったらこのまま下へ向かった方が早いのでは?

          と思ったのですが

          その方の指示通り来た道を戻りました。





          その方が、下に向かおうとしたとき

          何かおかしい!と思い、さらに上の方に向かって歩くと

          尾根?の向うに表銀座ルートが、、、





          下へ歩き出した常連の方に言うと

          「えっ、そうなの?間違えたか〜」

          って。

          危うく遭難するところでした





          今回の過ちは

          1.常連という方を信じて、自分で考えず後について行ったこと。

          2.疲れていたため巻き道という言葉にひかれ、ルートを外してしまったこと。




          良かったことは

          1.間違えに気が付いたこと(結果的に、それも間違いでしたが)

          2.近道でルートを修正するのではなく、きちんと最初まで戻ろうとしたこと。

          3.何かおかしい!と思い、さらに上まで登ったこと。




          常連だから。と言って全てが正しいわけではないのですね。

          常に、自分で確認しないといけませんね。

          きっと、遭難するのって、こういうことなんでしょうね。

          大変勉強になりました。





          無事燕山荘に着いて

          妻に、バンダナをお土産に買い

          前日買ったパンを食べ

          そして下山。





          でしたが、途中から右足の膝付近が痛くなりはじめ

          歩くのもやっとの状態に。。。




          前日も痛くなったけれど

          一晩したら痛くなくなったのに。。。




          何とか登山口まで戻ってくることが出来ました。

          が、駐車場までは、本当にギリギリ




          歩き方を見直さないといけませんね。

          特に、フル装備の場合は。。。





          今回も、いろいろと勉強になりました。

          さて、次はどこにしようかな〜・・・




          おわり



          ←今日クリックありがとうございま〜す   


          にほんブログ村 アウトドアブログへ
          にほんブログ村←こちらクリックお願いしま〜す


           


          1

          フランスワインツアー2013

          我が家の一大イベント
          フランス ワインツアー2013
          は、こちらからご覧いただけます。

          最新記事

          カテゴリー

          お世話になっているショップ

           ■ワインショップ■
          ワインショップエノテカ
          エノテカ楽天市場店
          ウメムラ・ワインセラー
          ヴェリタス
          WineCellar KATSUDA
          うきうきワインの玉手箱
          トスカニー
          スタイルでワイン
          ドラジェ−ワイン
          ワインショップ フィッチ
          ワインホリック
          アーベンワインショップ
          Wine&Wine
          タカムラワインハウス
          LIQUOR WORLD
          ピノノワール オンライン
          オールドヴィンテージ
          ヴィンテージワイン楽天市場
          WAC
          ワインショップ・イーエックス
          楽天市場ワイン検索

           ■アウトドアショップ■
          モンベル オンラインショップ
          ナチュラム
          ナチュラム楽天市場支店
          好日山荘Webショップ
          山渓オンラインショップ
          さかいやオンラインショップ
          ロッジ楽天市場店
          PINEMOUNTAIN
          ICI石井スポーツ
          ヨシキ&P2
          ニッチ・リッチ・キャッチ
          楽山荘

           ■食器・雑貨■
          マークショップ
          キッチンライフando
          アドキッチン
          そらとぶフライパン
          M’home style
          TOOL&MEAL
          まんまる堂
          自由が丘WING
          生活雑貨all

           ■ネットショッピング■
          楽天市場
          楽天ブックス
          Amazon.co.jp通販サイト
          e−hon
          イーブックオフ
          楽天トラベル
          楽天写真館
          楽天ダウンロード
          楽天VIDEO
          楽天レンタル

           ■今月のおススメ本■
          マル秘人脈活用術
          大富豪の仕事術

          楽天カードのススメ
          ↓僕の友人たちは、ネットショッピングはもちろんのこと公共料金、お買い物などとにかく払えるものは全て還元率の高いこのカードでやっているそうです!
          ►楽天カード

          楽天で探す
          楽天市場

          オススメアイテム


          ■Amazonのプライム会員なら人気の映画やTV番組が追加料金なしで見放題!
          Amazonプライム

          信州で遊ぼう!

          参加ブログランキング

          ↓クリックお願いします m(__)m



          にほんブログ村 アウトドアブログへ
          にほんブログ村

          リンク

          リンクについて

          いつも訪問ありがとうございます。
          このサイトはリンクフリーですが、皆さんのサイトからリンクしてくださったときにメールをいただけると助かります。
          僕も楽しく拝見させていただきますね。

           のむりえにメール



          カレンダー

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>

          アーカイブ

          コメント

          プロフィール

          ブログ内検索

          その他

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          PR

          recommend